ドラマ2017ネタバレ,感想【暴露】します

おすすめドラマの紹介です

ボク、運命の人です『3話』ネタバレ感想part2

亀梨和也さん演じる誠が、

運命の女性との距離を少しづつ縮めて行くドラマで、

今回は「誠が自分の電話番号を教えられるか」が一番の課題でした。

クラシック音楽100曲を1週間曲と曲名を覚えろというミッションもかせられました。

その場面場面に合ったクラシック音楽が聴こえてくる運命の後押しは結構面白かったです。

電話番号を書いた紙を渡そうとしながらも渡しそびれ、

やっぱり諦めきれなくライバルのプロポーズを阻止するべく走るが間に合わず。

もう手遅れだと諦めて帰るのですが、河川敷で出会った少年達と野球の試合をする事に。

その試合をしてくださいと申し込んできた子ども2人の名前が「赤井といとう」(あかいいと)自然と点数盤に誠の電話番号が仕上がっていくという運命の手伝い方も斬新で私は面白かったです。

夜、まさか本当に繋がるとは思わず電話をかけてみると誠に繋がり2人が初めて電話するシーンは、

電話番号を伝えるだけじゃなくいきなり電話をする流れになるんだとビックリしました。

後、余談ですが誠が食べて行くと思って作ったエビフライとタルタルソースが凄く美味しそうでエビフライが食べなくなってしまいました。

初めは不審者扱いされて(私もいきなり男の人に「僕は貴方の運命の人なんです!」

なんて声かけられたら通報します。(笑))

相手にしてもらえなかったけれど、少しづつ確実に2人の距離が縮まって来てる。

でも、あくまでも結婚して子どもを作るのにはタイムリミットがあってタイムリミットを過ぎてしまってはなんの意味もない。

だから一喜一憂してる暇はない誠。

間に合うのかハラハラです。

後この回の終わりに、

彼女の方は「私は結婚出来ない気がする」

と両親に言って終わったので次その気持ちは少しづつ変わってくるのかなど楽しみだなと思いました。

エンディングの亀梨和也くんと山下智久くんの踊りと歌も私は好きです。恋ダンス程は流行らないかも知れませんが、

カラオケで踊れるくらいは覚えられたらいいなと思ってます。