読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ2017おすすめ動画!最新の視聴率ランキング

おすすめのバライティ,映画,ドラマの紹介です

ドラマ【花火】1話、ネタバレ、あらすじ、感想、視聴率は?

2月26日23時NHKからスタートした花火のネタバレあらすじです。

ネットフリックスとNHKからスタートしています。

ピースの又吉さんが書いた小説をドラマでどう表現するのか楽しみです。

小説はとても長いですが10回で収まるのか途中はカットするのかどうなるのか気になります。

【あらすじ】
売れない芸人の徳永(林遣都)は、営業で行った熱海の花火大会で先輩芸人の神谷(波岡一喜)と出会う。誰にもこびないスタイルと天才的なセンスに強く惹かれた徳永は、神谷に弟子入りを懇願する。神谷が伝えた唯一の条件、それは「俺の伝記を作ってほしいねん」という言葉だった。夜ごと酒を酌み交わしつつ、「お笑い」について熱く語り合う徳永と神谷。神谷は自らの笑いの哲学をさらけ出し、徳永はそのすべてを吸収しようとする。馬鹿馬鹿しくも純粋に笑いに向き合う時間を共有する中で、2人の歯車は少しずつ噛み合わなくなっていく。コンビとして少しずつ売れていく徳永と、すべてがうまくいかずもがき苦しむ神谷。ある日神谷は借金を抱えたまま、忽然と姿を消してしまうのだった・・・・・・

【出演】
林遣都、波岡一喜、門脇麦、好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)、菜葉菜、山本彩(NMB48/AKB48)、
徳永えり、渡辺大知、高橋メアリージュン、渡辺哲、染谷将太、田口トモロヲ、小林薫 ほか

NHKドラマ花火のネタバレ

お笑い練習の帰り
「いきなりだけどペット買いたいなと思って」
「寂しいやろ」

「おっさん買うか?」
「何でおっさん買うかお前」

「インコやインコ」
「インコちゃんがお帰りで癒されるやんか」
何気ない帰りの会話

2人がそれぞれの家に帰る

2001年 夏 現在

徳永の
1988年の回想
お母さん一人で子供2人育てている
決して裕福ではない家だった。

現在
花火夏祭り
徳永が漫才師として出演予定

しかし尺の調整で少ししか出演できない。

漫才の舞台
2人の漫才でお客が帰っていく
誰もいなくなったお客
2,3人しか見ていない

ライバル先輩芸人神谷の
「あほんだらの出演」
客が誰もいなくなる・・・

客は花火に夢中
それでも漫才を続ける「あほんだら」

その神谷を見て徳永は涙する

打ち上げられる綺麗な花火

帰る2人

そこで徳永は神谷に話しかけ居酒屋に誘う

神谷がおごる
徳永「あほんだらってすごい名前ですね」
神谷「親父がいつもあほんだらって言ってたからそのままつけたんや」

会話がはずみ意気投合する

夜中までずっと居酒屋で会話する
神谷「漫才は面白いことを想像できる人のもんではなく
   純正の人間をさらすものやねん」
   「欲望に対してまっすぐ全力でいきなあかん」
    ・・・

居酒屋の店員「もう閉店時間ですけど・・・」

神谷の帰り際に徳永が言う

徳永「神谷さん弟子にしてください」

無視する神谷

しばらくして神谷





神谷「弟子にするには一つだけ条件がある」
徳永「なんですか?」

神谷「俺の伝記を作ってほしいねん」
   「それができたら免許皆伝や」

徳永「分かりました、僕書きます」
   何で伝記何か作るんですか?

神谷「俺のことを覚えといてほしいねん」
   
徳永「死ぬんですか?」

神谷「あほか、誰が死ぬいうたん」

解散する2人

ノートとペンを買う徳永
2001年8月・・・
ノートには
「お前の言葉で今日見たことが生きてるうちに書け」

公園で漫才の練習をする徳永

徳永が家でカップラーメンを食べている時神谷から電話がかかってくる

神谷:どこにいてるの?

徳永:家です

神谷:俺の伝記、ちゃんと書いとるか?

徳永:伝記って死んでから出すんですよね?

神谷:生前に前編に中編やな

徳永:後編気になって文句でますよ。

神谷:そんくらいの方がおもろいやんけ。
   じゃあたのむわ

俳優事務所に挨拶に行く徳永

挨拶するも周りは冷たい態度

最初の仕事はスーパーのきぐるみの仕事・・・

徳永「こんなんでええんかなぁ」

神谷から電話
「俺も東京に拠点移すことになったから東京人やな」

徳永「何かあったんですか?」

神谷「俺大阪で6年やってベテランやろ」
  「後輩に気をつかうのが嫌になったんや」
  「だったらいっそう東京行こう思うてな」

徳永は神谷が東京来ると聞いて内心喜んでいた
しかしどこかで不安なようなものを感じていた

どうしてそんな感情になるのか、
その時は分からなかった

◆感想
あまり原作は好みじゃなかったですがドラマはどうかなぁって思っていました。
ドラマの雰囲気が原作そのままな所が凄い!

1話は序章って感じですね

雰囲気はいいけど好みが別れますね
悪く言えば味気ない

映像の表現が映画並みにすごい
撮影に凄くお金かかっています。

相方が本物の芸人なのが良かったです

芸人の苦労の裏舞台たあんなに鮮明にかけるのはやはり芸人でしかできないです。